借りるなら銀行のカードローン

ufjが運営するカードローンは、金利が低い

最近の大手都市銀行では、カードローンを扱っております。
大手都市銀行の1つであるufjでも、オリジナルのカードローンを行っております。

三菱東京UFJ銀行カードローン

そのメリットとしてあげられるのは、金利です。
カードローンを利用する際、金利というのはもっとも重視すべきポイント。
他の銀行系カードローンにおいても、
利率の低いカードローンがたくさんあります。
そもそも、銀行系の場合、利率は全般的に低い傾向にあるのです。
しかし、同じ銀行系であるufjも、利率の面では負けておりません。

ufjのカードローンにおける年率は、
4.6パーセントから14.6パーセントとなっております。
これは、上限利率も下限利率も、なかなか優秀な数字ということができます。
他の銀行系カードローンでは、下限利率は優秀だが上限が並みという場合や、
上限利率は低いが下限が満足いかないという場合も少なくはありません。
その点、ufjのカードローンは、上限もなかなか低く、下限も結構低くなっております。

限度額によって変動する金利

とはいえ、4.6パーセントから14.6パーセントと幅があるということは、
その人によって適用される利率が異なるということでもあります。
ufjのホームページには、そのあたりの利率のことも記載されております。
借り入れ利率は、利用限度額によって決定され、
下限である年4.6パーセントの利率というのは、利用限度額が500万円の人に適用されます。

400万円から500万円の人は年5.6パーセント、300万円から400万円の人は年6.1パーセントとなっております。
250万円から300万円の人は年8.1パーセント、200万円から250万円の人は年8.1パーセントということです。
150万円から200万円の人は年9.6パーセントで、それから続いていき、
100000円から500000円の利用限度額の人が、上限利率である14.6パーセントとなっております。

この利率は固定金利ではなく、変動するのも特徴です。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 Information ALL RIGHTS RESERVED.