借りるなら銀行のカードローン

カードローンの審査は勤続年数が大切

銀行のカードローンは金利が安く、
母体が銀行なので安全性が高く、かつ総量規制の対象外なので年収に関係なく借入ができるなど、
たくさんのメリットがあります。

しかし、カードローンの審査は消費者金融のキャッシング、
クレジット会社のカード発行の審査などと比べても厳しくなっており、
安定した収入があればほとんどの人が借り入れをできるというわけではありません。

勤続年数が大切

また、カードローンの場合は
審査基準が金融機関によって異なりますので、
どういった人であれば必ずカードローンの審査に通るのか
というような基準はないといえます。

ただ、カードローンの審査で受かりにくい人の
条件はいくつかあります。

すでに借り入れがある場合は要注意

まず、他の消費者金融やクレジット会社などでキャッシングを利用しており、
残債務がある人は、多重債務者予備軍として
カードローンの審査で引っかかる可能性が高いです。
滞納や債務整理などでブラックリストに掲載されている人も、同様に厳しいといえます。
支払いの滞納に関して言えば、公共料金などの引き落としができない状態になっていると、
やはり本人の信用性がないと判断されます。

また、在籍確認が取れなかったり、定まった住居がない場合なども審査は通らないでしょう。
仕事に関していえば、カードローンの審査の場合には年収や勤務先、職業だけでなく、
勤続年数も問われます。勤続年数が年齢の割に短いと、
安定して仕事についていると判断されにくいためです。
逆に、勤続年数が長いとカードローンの支払いを滞納された時に、
給料の差押がしやすいというメリットもありますので、
勤続年数の長さは職種同様、重要視されています。

このように、カードローンの審査では、安定した年収があることはもちろん、
本人がきちんと返済できる資質を持っているか、
万事において誠実かどうかという点も重視されます。

仮に以前何らかの理由で審査に通らなかったとしても、
その後の生活状況によっては融資が受けられることもあります。

勤続年数のおおよその目安

今年はアベノミクスなどの影響で、景気は回復傾向にあるという報道もよく聞かれます。
確かに一部ではそのような景気回復の兆しが、見え始めている業種などもあるものの、
全体的にはまだまだ不況といっていいい状態が続いている日本経済。

やむを得ず職場を変ってしまったという方も、まだまだ少なくないでしょう。
また、積極的な意味での転職を考えている、あるいは行ったばかりという方も、
もちろんいらっしゃると思います。

ではいったいどれくらいの勤続年数であれば、
カードローンの審査に通る
ことができるのかといいますと、
おおよその目安としては、最低で半年程度の勤続年数であれば、
勤続年数を理由に審査がNGとなるケースは少ないといえます。
ただし、これは業者によって審査基準はさまざまですから、
おおよその目安として考えてくださいね。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 Information ALL RIGHTS RESERVED.