借りるなら銀行のカードローン

口座を持っているとカードローンが有利な理由

カードローンといえば、ローン商品の1つでありながら
利用目的が特に限定されないという、消費者金融のキャッシングに近い性質の商品です。
特に銀行で行なっているカードローンは、利便性はもちろんのこと、
信頼性も高く、今注目株となっております

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシング、この2つの間には様々な違いがありますが、
その中でも大きい違いといえば、口座があるかどうかです。
そもそも口座がないのが消費者金融のキャッシング、
あってもかまわないのが銀行のカードローンということになります。

決して侮れない利用手数料

決して侮れない利用手数料

もちろん、銀行のカードローンだからといって、
口座がないと利用できないというわけではありません。
ただし、あったらあったでそれは便利なのです。

まずは、返済が楽になるということです。
通常、消費者金融のキャッシングの返済をする際には、
消費者金融の店舗やATM、そして提携している銀行や
コンビニエンスストアのATMを利用することとなります。
その際、場合によっては利用手数料がかかるということもあります。

100円程度の利用手数料ですが、借り入れはともかく、
返済するときにまでお金をとられてしまっては、あまり気分のいいものではありません。
その点、銀行のカードローン口座と連動してれば、返済は自動的に引き落としになります。
これでしたら、土砂降りの中銀行に返済に行く必要もありませんし、
うっかり返済忘れということもありません。もちろん、利用手数料というのもかかりません。

審査時にも有利

次に、カードローンの審査が有利になるということです。
銀行口座を開設する際にも、本人確認書類などを提出しています。
そこに給料や公共料金、カード払いも一緒にしていれば、
その人の収入や消費傾向も一目で分かります。
審査の際に楽になるということなのです。

大手の中には、インターネットバンキングを展開しているところも。
これを利用してカードローンのお金を口座に振り込んでもらうということも、簡単にできるのです。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 Information ALL RIGHTS RESERVED.