借りるなら銀行のカードローン

カードローンの返済方法にはいろいろある

最近では、カードローンなどの金融商品は競争が激しくなっております。
カードローンは特に、消費者金融はもちろんのこと、
信販会社や銀行も乗り出しており、特に競争の激しい分野。

そんな中、カードローンの返済方法についても考えなければなりません。
金融商品の競争が激しくなるとともに、実に多彩な返済方法が
カードローンで用意されるようになっております。
これが、消費者を混乱に陥れる原因ともなっておりますので、くれぐれも返済方法には気をつけましょう。

主流はリボ払い

返済方法の主流はリボ払い

まずは、最も現在主流となっている、
残高スライドリボルビング方式、
いわゆるリボ払いというものです。
リボ払いのメリットというのは、毎月の支払額が一定であるということです。自分で毎月10000円の返済にすると決めておけば、
それ以上のお金を支払うことはありません。

消費者は、カードローンの返済だけでなく、
携帯電話料金や家賃など、様々なものにお金を支払っております。
あまりカードローンの返済が多すぎますと、日常生活が破綻してしまう可能性も。
それを防ぐ効果があるのです。

いつのまにか返済総額が膨大に

もちろん、カードローンのリボ払いにはいいことばかりではありません。
気をつけなければならないこともあります。
特に、借り入れ金額が大きくなってしまった場合には要注意です。

毎月10000円しか返済しなくていいから返済がらくだということで、
ついつい多額のカードローンを利用してしまう人もいます。
例えば、100000円リボ払いで借りているとしたら、1年以内で返済が終わるので、
利息の支払はたいした事はありません。しかし、100万円を借りていたとしたら、
10年程度はかかってしまいます。

その間も利息はかかり続けているので、結果的に返済総額が莫大になってしまうということも。
そういう場合に、そもそも借りすぎないと言うことが一番ですが、返済方法を見直すのも手です。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融 Information ALL RIGHTS RESERVED.